イタリアンレストラン伊和香

大阪府豊能郡豊能町ときわ台にひっそりと佇む、イタリアンレストラン伊和香。お客様の健康寿命を第一に、無添加、化学調味不使用、肉野菜などの原材料は全て国産に拘り抜く、一風変わったレストランです。

詳しくはこちらへ

農家さんの有難さ

宇都宮農場 農業
豊能町吉川保育所裏山に所在する宇都宮さんの農場
FavoriteLoadingお気に入りに追加

皆さん、農業に対してどのような印象をお持ちでしょうか。
私は、常日頃感謝をしています。
農業って本当に大変な重労働で、なかなか出来るものでは無いですし、私個人としては大企業の社長に並ぶほど立派で尊敬に値する職業です。

吉川町の農家宇都宮さん

つい先日、良くお世話になっている豊能町吉川に所在する農家の宇都宮さんを尋ねました。
宇都宮さんは、元々農家ではなく全くことなるお仕事をされていて、定年退職後に農業の道へ進まれた方です。農作物について徹底的に勉強なさり、今では素晴らしいお野菜を無農薬で栽培されています。普通では真似できないですよね。それも、趣味の延長線上ではなく、農家としてやり通すところに凄さを感じます。
それに、とっても親切お人で温かい方なんですよ。

宇都宮農場
豊能町吉川保育所裏山に所在する宇都宮さんの農園入り口
畑の様子

宇都宮さんと、約1時間ほど野菜についてお話をしてきたのですが、農家になられて10年以上とのこと、農業の大変さを改めて感じました。
ふと漂う苺の甘い香りに振り向くと、ビニールハウスでカビが生えた沢山の苺。
それを見た宇都宮さんは「無農薬だからどうしても病気や虫にやられちゃうんだよ」と。
それこそ、沢山の薬剤を使用すれば楽もできますし、生産性(利益)も高まります。しかし、それをぐっと堪えて、腐ること、虫に食べられることを躊躇わず、生産する姿は感動でもありました。
(伊和香でも完全無添加、化学調味料不使用に拘っているので、重なる所があり凄く共感しました。
無添加品は高価だし探すのが本当に大変で、スープの素を使えばすぐ腐敗するスープを作らなくて済むのに・・・とか、一瞬よぎる時もありますが、直ぐに払拭しています)

農薬の使用
全てに於いて言えることではないのですが、「安い」とか「早い」って、見えない何かを犠牲にしていると考えます。「安い」とは、一般的に需要対し「供給」側にギャップが広がる際に起こる現象です。と言うことは、必要以上(需要以上)に大量生産(供給ギャップ)された結果ですよね。
では「大量生産」の裏側には、農家さんの高い生育技術、好環境(好天や適度な降雨)、最後に農薬の使用が支えていると考えられます。この農薬(種類)の影響は未知数な所が多くWHOや、世界各国で使用について基準や制限など異なっているのが現状です。因みに農薬基準に対し、EU諸国は厳しく日本は緩い(と言われる)ため、オリンピック時選手の食事で日本の農産物は不要、持ち込みをする国も多かったと聞きます。
話を戻しますと、誇張的表現かも知れませんが「健康を代償(犠牲)に農薬を使用」、とも言えるのではないかと考えます。皆さんどう思いますか?確かに農薬は数えきれない程の種類があり、一括りにできないと思いますし、農薬のおかげで飢饉を免れた、こともあると思います。農薬が一概にいけない、と強弁するつもりは無いのですが、何かを犠牲にしている、と言うような考え方を同時に持つべきだと思います。

ほぼ一人で農場を運営しているので、気候や天候を踏まえ作物の育成状況に合わせ収穫しなければならないが、実際は手が回らず幾度も収穫時期を逃していると。
定年退職時には綺麗だった手が、今では岩の様なゴツゴツした手のひら、言葉では表現し辛いのですが、農場の土と香りを前に「作物を育てる」大変さを強くと感じた次第。
他にも地面に目をやればあちらこちらに転がる根菜、そして宇都宮さんは朝起きた時、「また畑仕事かぁ・・・もう嫌だなぁ」と思うことが増えたと仰っていました。
「もし親が農家で、後を継ぐ話になれば絶対断る」とも、それでも、農家の大切さを知る宇都宮さんは、可能な限り続けるとも話されたのが印象的でした。
宇都宮さんと同様に使命感や責任感が続けられる農家さんも沢山おられるんだろうな、と思うと、農家さんに対し感謝の気持ちで一杯になりました?

宇都宮さんが収穫している状況
宇都宮さんが、売り物にならないとっても美味しい野菜を収穫している様子
売り物にならない、キュウリとスナップエンドウ
曲がったキュウリと収穫時期を過ぎたスナップエンドウ
売り物にならない芋とサニーレタス
サニーレタスと芋

曲がっているけど、めちゃくちゃ美味しいトゲトゲ胡瓜と、大きく豆が育ったスナップエンドウ、育ち過ぎたサニーレタス、虫食われの芋を沢山頂きました。これら頂いたお野菜は、食べる分としての品質は全く問題ないんですよ。
早速自宅で胡瓜スティックを塩で頂きました。これぞ胡瓜!と言った感じで美味しくて、食べながら「となりのトトロ」の胡瓜をほおばるワンシーンを思い出しました( ´∀` )
実は今週提供している「豊能産のサラダ」は、ここで頂いたサニーレタスと胡瓜を使用しているんですよ✨
豊能町はほんまにえーところです!
今回の記事を読んで共感した、農業について考える切欠になられたら、是非コメントくださいね!
今回も読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました